ゆうき八百屋のブログ始めま〜す。

  • 2017.10.26 Thursday
  • 11:10

JUGEMテーマ:食材

 

どうも、初めまして、ゆうき八百屋のウシオダと申します。本職はミュージシャンでギター弾きでございます。

 

 

昨年まで、某、有機や低農薬野菜や無添加食品の大手宅配の会社におりまして、25年間、野菜のバイヤーをやっておりました。途中数年、会員に配布する雑誌の編集長なんかもやっておりました。

 

サラリーマンの傍ら、ミュージシャンもやっておりまして、何だか年々演奏機会が増え、ライブも毎月15本くらいにまで増えて両立も疲れてきたので、昨年、ギター生活メインにしようと辞めてしまったワケですが。

 

でもまあ、ちゃんとお金になる演奏の仕事がそうたくさんあるわけでもなく、ギターやウクレレを教えながらプラプラと貧乏していたところ、ゆうき八百屋の社長は昔、僕の会社のライバル会社(と言っても仲良しでしたが。)にいた関係で知り合いで、しかも会社が、僕がライブやレコーディングでしょっちゅう来ている下北沢にある、という事もあり、お誘いを受けお手伝いすることになったのであります。

そしてブログも書け、という事になったのであります。

なので25年間、有機野菜に関わって全国あっちこっち行った経験生かして、週イチくらい何か書いていきますね!

というわけで、さっそく書きます。

秋真っただ中ですね。食欲の秋、実りの秋。

秋も深まると野菜やくだものがどんどん美味くなってまいります。

日本人は初モノ好きですね。初ガツオとか。でも初ガツオより戻りガツオの方が美味いように、野菜やくだものもほぼ、早生より晩生(おくて)の方が美味いです。

芽のものは別ですよ。アスパラとかタケノコとか。タケノコなんか晩生になるの待ってたらみんな「竹」ですからね。パンダくらいしか食いません。

 

北海道のジャガイモとか、サツマイモとか里芋とかのイモ類は夏から収穫始めますが、だんだん味が載ってきておいしくなってきます。里芋は石川早生という品種から土垂(どだれ)という品種に代わってきますが僕はネットリとうまい土垂が好きですね〜。

 

ネットリ美味いと言えば、サツマイモの中で甘い代表、安納芋。種子島の安納地区の伝統野菜です。

知る人ぞ知るサツマイモだったんですが、近年知られて大人気になりました。

サツマイモってこんなに甘くなるんだ!とバレてしまったおかげで、世のサツマイモはどんどん甘いネットリ品種が増えて、もはや「これ野菜じゃないよ!スイーツかよ!」って感じになってます。僕はここまで甘くない、ホクホク感の強い「紅あずま」とかの、かつての品種の方が好きですけどね〜。

 

とは言えファンの多い安納芋。夏から収穫始まってますが、これもホントに味が載ってくるのは今くらいからですよ〜。

 

↓こちら、種子島の戸川さん。安納芋堀り中。(かごしま有機生産組合)お母さんが一人で踏ん張ってましたが最近息子さんが帰ってきて有機栽培でがんばっております。右の写真はもう一人のメンバー竹之内さんと。遠くて見えんですな。でも海がすぐそこ、海風が当たるのでミネラル豊富なのか、いい安納芋ができます〜。

 

 

そして、果物ではこれから味が載ってくる代表といえば、温州みかん。

まだ緑の残る極早生みかんがすでに10月初旬には出ておりましたが、早くてありがたいのはわかりますが正直、酸味が強くて甘さが足りない!

11月になると、極早生から早生温州みかんに変わってきます。これ、単に出荷時期が違うだけじゃなくて、宮川早生などの、早生温州の品種に変わってくるんです。そして酸味が抜けて甘さが強い、これぞ温州みかん!って味になってきます。

 

こちらは、熊本県の水の子会、みかんの名産地、三角の桝永さん親子。こちらも息子、大志くんが帰ってきてます。なかなかのイケメン。あ、イケメンの大志くんは真ん中です。右もかなりイケメンですけどね。

 

というわけでここまで書いたらこれから会議が始まるようなので、このへんでまた来週!

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM