今一番美味い野菜は何だ!?

  • 2018.03.01 Thursday
  • 15:58

JUGEMテーマ:食材

 

あのモーレツな寒波も過ぎ去り、ちょっと温かくなってまいりました。

 

ホウレン草やキャベツやブロッコリーなど、冬を経験した葉物が、まだ甘くておいしいです。でもこれが3月後半とか4月くらいになっちゃうと、再び成長するのに自分の糖分使っちゃうんでしょうかね?甘みがだいぶ減ってくる気がします。

では、この時期、一年で一番うまい野菜って何だと思いますか?

 

それは北海道産のジャガイモです!

 

 

今あるジャガイモって北海道で秋に収穫して貯蔵してあるヤツ。言ってみれば「古い」ジャガイモです。4月や5月になると鹿児島や長崎から新ジャガイモが出てきちゃうので、そろそろ在庫一掃処分しなきゃ!みたいな時期ですよね。

 

でもジャガイモは冬の間、どんどん、でんぷんが糖化していって、甘〜くなってるんです。

 

なので、飲み屋さんでフライドポテトとか頼んでも(冷凍のフライドポテト出すような店じゃダメですよ!)、ホント美味いですよ。野菜は採りたてが美味いとは限らないって事ですね。新ものってありがたがられますが、逆に新ものの方が美味しく無いものってすごく多いです。残り物にはけっこう福があるんですね。

 

 

雪国の、晩秋に収穫が間に合わなくて、畑が雪に埋もれて掘れなくなって、春に溶けてから掘る、雪下ジャガイモも同様に美味いです。

 

もう一つ、貯蔵ものでこれから美味い野菜があるんです。ジャガイモと似ておりますが、サツマイモ!

でもサツマイモはもともと南方の芋、寒いのが苦手。低温が続くと低温障害と言って、すぐ腐っちゃいます。

 

なので、冬の間、貯蔵しておくと美味しくなると知ってても、カンタンじゃないです。専用のキュアリング貯蔵という方法が必要なのであります。

 

まず、キュアリング処理と言うんですが、サツマイモを30℃以上、湿度90%にして数日置くのであります。すると、サツマイモの表皮の傷にコルク層ができて、そこから傷みにくくなるのであります。

 

そしてその後、気温13℃くらい、湿度85%くらいの状態で冬の間、貯蔵するのであります。

 

そのキュアリング貯蔵庫を開けた時に、気温が10℃以下だった!なんて事になったらせっかくの貯蔵が水の泡、サツマイモが低温障害で腐っちゃいます。気温がある程度温かくなった時を見計らって空けます。

 

そうするともう、サツマイモは6月くらいまで置いても腐らない!

 

茨城の飯塚功さん、このキュアリングがとっても上手。もともと鉾田という、赤土でサツマイモの美味しい地域。それがさらに上手くなるワケです。

(飯塚さんのキュアリング貯蔵庫)

 

3月末くらいには、飯塚さん、貯蔵庫を空けるはず。楽しみなのであります!

(飯塚夫妻)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM