クイズ、花は何のために咲くんでしょうか?

  • 2018.04.04 Wednesday
  • 17:18

JUGEMテーマ:食材

ここの職場の近くに、桜のウツクしい場所があります。もう散っちゃいましたが。

 

 

さてここで問題です。花って何のために咲くんでしょう?

 

答えはコレですね。

 

虫を呼んで受粉を手伝ってもらうためのモノですね。

 

虫の好む色、虫の好むニオイ、そして蜜というお土産付き!あご足枕付き、みたいな感じですかね。

 

要するに虫と一緒に進化してきたってコトですね。何か虫よりずっと前に花って咲いてたようなイメージですが、一緒に進化してきたんですね。

 

細胞分裂だけで増えていくと、全く同じ遺伝子ばかりの一族ばかりになり、決定的な病気にかかったら一族全滅になっちゃう。

だから、ちょっとずつ変わっていく遺伝子のもの同士が混じってさらに多様性が現れるようにオスとメスとに分けて、受粉ってカタチを取ってきたのが進化ってヤツですね。

 

花の咲くところ、受粉してあげる生き物がいるって事です。蜂はその役割の担い手として大忙しです。

 

農薬とかで蜂が絶滅したら、滅びてしまう植物もたくさんいるって事でもあります。ネオニコチノイド系の農薬を禁止しようって動きは蜂を守る動きでもありますな。

 

では、クイズ二つ目。蜂を使って受粉する作物多いです。トマトとか、苺とか。では、この果物はどんな生き物が受粉してるでしょう?

 

ヒント、マンゴーの花は臭いんです。臭いと、ほとんどの蜂は寄ってきません。

 

答え。何と、実は銀バエが受粉しています!ツッパリハイスクールロックンロールの横浜銀蠅じゃなくて普通の銀バエです。

マンゴー農家の多くは受粉用に銀バエ培養してるんです!

 

ひえ〜!と驚いたあなた、それは銀バエに失礼ってもんです。銀バエかわいそう。

 

だって、わざわざ宣伝のため「ミツバチ受粉」とか書いた農産物はあるのに、「銀バエ受粉」って絶対書かれないんですよ!同じ虫なのに!

 

世界一大きい花と言われる、ラフレシア。

もう一つ、高さで世界一と言われる、ショクダイオオコンニャク。

 

これらの花、大きさも有名ですが、ものすごくクサい事でも有名。

 

そうです、ラフレシアはハエを、ショクダイオオコンニャクは、フンコロガシみたいな甲虫を呼び寄せるためにクサイんです!

 

こういう、熱帯植物の咲く熱帯は、虫も多いけど植物も多種、競争が激しいので、「蜂は大人気だから、仕方ねえ、ハエでも呼んで受粉させるか!」みたいな感じだったんでしょうねえ。

 

農薬を減らすのはこういう、生き物の多様性を維持する目的が大きいってコトです。みんな農薬減らした野菜を食べようね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM