大田市(群馬県)〜深谷(埼玉県)まで行ってまいりましたー!

  • 2018.04.19 Thursday
  • 16:52

JUGEMテーマ:食材

本日は、新しくゆうき八百屋の生産者となった、群馬県太田市の「利根川みどりの会」の定方さんのところへ!

 

僕が昔からよく知っている生産者です。写真は料理上手なお母さんと奥様、息子夫婦、そして写真にはまだいませんが、お孫さんまでできて、何と4世代同居!

 

色んな地方野菜を、農薬も化学肥料も使用せずに作ってて、みなさんが持っているのは国分人参という、超長い人参!昔、関東で一世風靡したことがある人参です〜。

 

今出荷中の潮止晩ネギという、八潮の伝統ネギはもう終わりかけ。普通のネギならとっくに坊主が出てるけどこのネギは遅いんですね〜。でもそろそろ坊主出てきちゃう時期。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このハウスはごせき晩生という、昔ながらの固定種の小松菜の畑です!1名、見覚えないメガネのオジさんがいますが、ゆうき八百屋の農産担当、中島です。

 

ここもご多分に漏れず、昨年の10月の台風、その後の雨、そして低温、で散々だった昨年の秋からの作型。何とか残った葉物たちも、3月急に温かくなってど〜んとトウ立ちして終了。

 

3月までのイヤ〜な経験は忘れて、心機一転。6月からは新ごぼうが出ます。そのあたりからゆうき八百屋との取り組み開始される予定です〜!

 

その後、利根川を渡ればすぐの、埼玉県深谷市の、沃土会の小野塚さんを突如電撃訪問!

 

深谷市は言わずと知れたネギの大産地。町全体がネギ臭い!

 

 

小野塚さんも昔から知っていますが、畑がどんどん広がって今や、8町歩(8ヘクタール)!東京ドーム1個半強!

それも、キャベツやらジャガイモやらの大型野菜や根菜ならわかりますが、カブや小松菜など、束ねるものばかりでこの面積!

スタッフ5人と作業してますが手が回らない!と言ってました。

 

利根川流域のこの地域は、首都圏の貴重な野菜供給地、有機栽培の生産者も多いところでございます。

 

これから虫や病気の増える季節ですが、がんばって生産お願いいたしま〜す!

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM