アスパラ〜!!

  • 2018.05.16 Wednesday
  • 17:56

JUGEMテーマ:食材

 

この人覚えてます?

 

 

「一本いっとく?」のアスパラドリンクのCMに出てた、ハニホーヘニハーというタレントです。

 

CMの時だけ勝手に付けられた芸名らしいですが。この後不法滞在で捕まってたみたいですがそんな話はどうでもいいです。

 

アスパラドリンクの原料に入ってるのが、アスパラギン酸。アミノ酸の一種ですね。このアスパラギン酸、アスパラガスから発見されたのでこの名前になったんですね。

 

そして北海道産のアスパラが出てくる季節になりましたね!!!

 

 

今までも、佐賀や長崎などから出ておりましたが、こちらはハウスもの。面積が少ないので長期で採るのが多いですね。

 

そして今出てきた北海道のグリーンアスパラは、露地ものが多いです。

 

冬を越えて雪が溶けて、地温が温かくなると、何にもない畑から、いきなりニョキニョキと出てきます。

 

何もないって言ったってもちろん地下にはちゃんと根っこがあります。

 

北海道の露地物は、じ〜っと冬の間我慢して、春になっていきなり、芽に養分注入!!って感じで張り切り、そして昼間たっぷりの太陽の光を浴びて、夜は寒い。寒いから呼吸を抑えて自分の糖分を使わなくて済むんですね。

 

なのでうまい!!5月から6月にかけての1ヵ月ちょっとくらいの期間しか出ないのにみんな心待ちにしてるのは美味いからですね。

 

でもホントに何も見えないところからいきなり出てくるので、農家も予想がつかない。そして一日に10僂らい伸びる時もあるので、タイヘンです。寒くなるといきなりピタッと出てこなくなったりするので、農家もだけど、青果流通の人たちもけっこう困ることが多い野菜でもありますな。

 

ちょっと目を離して収穫逃すと、どわー!

こんなんなっちゃう。もう食えません。

 

でも、後半のアスパラは残して敢えてでっかくして、光合成をさせて根っこに栄養を貯めさせます。そうやって来年のアスパラが出るようにするんですな。

ちなみにアスパラも花が咲いてこんな風に実を付けます。

実から種採れますが種から栽培するとタイヘンな時間がかかるので、根株を入手して植える事が多いですな。

 

アスパラと言えばこっちもうまいですね。ホワイトアスパラ!

こっちはシート被せたり、真っ暗なトンネルやハウスなどで、日を当てないで栽培。

 

そうすると、お茶の被せ茶や玉露みたいに、葉緑素になるははずの部分がうま味の方に行くワケですね。

 

僕、ホワイトアスパラを手に入れると、ちゃんとオランデーズソースを卵を湯煎してまで作って食べますよ。湯煎がポイント!ホント美味い!これ以上美味いものはなかなかオランデー!と言いたくなります。

 

 

かつては新潟県も露地アスパラの大産地でしたが、茎枯れ病という病気が大流行してほぼ壊滅に近い打撃。でもちょっとずつ復活の兆しも・・・。

 

今は露地アスパラは北海道の独壇場となっている感じです。でも6月までみんなで楽しみましょう〜!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM