ウルトラでスーパーなコーン

  • 2018.06.06 Wednesday
  • 17:44

JUGEMテーマ:食材

トウモロコシが出てきましたね!ハウスものや沖縄物はもう少し前に出てますが、関東などの平野部からも露地物がボチボチと。

本格シーズンは7月だと思いますが、だんだん早まってるカンジですね〜。

 

ちなみに、僕がこの業界に入った1990年過ぎくらいは、こんなヤツがトウモロコシ界を一世風靡してました。

 

上との違い、わかります?

 

白が混じってますよね。いわゆるバイカラーと言われるトウモロコシで、品種名はピーターコーン。

黄色と白が、3対1で混じってるんです。メンデルの法則ってやつですね!たぶん!

 

ピーターコーンは当時、その甘さについて革命的な品種で、他にも何種類か甘い品種が出てきて、「スーパースイートコーン」と言われたワケです。

美味しかったんですが、この甘さじゃ飽き足らない人がいっぱいいたようで、90年台に出てきたのが、一番上の写真の、「味来(みらい)」って品種です。

 

僕も当時始めて食べて、ビックリしましたよ、何じゃこりゃあ!甘過ぎる!!

 

そしたらものすごく急速にこの品種が広がりました。スーパーを上を行く、「ウルトラスーパースイートコーン」って言われております。

 

ウルトラマンとスーパーマンが合体したようなヤツなのですごいです。

 

  

 

それ以来、世のトウモロコシは、ゴールドラッシュとか、サニーショコラとか、味来のさらに改良系とか、とにかく甘い奴らばかりになってきました。

 

ピーターコーンのスーパー時代は、6月の早生のトウモロコシってまだ甘味が載ってない事が多かったんですよね。でも、ウルトラの時代になると、「そんなの関係ねえ!」って感じで、早生でも十分甘い!

 

でも、ウルトラの欠点もあるわけですよ、ちょっと小さい。ガッチリ食べたい人にはちょっと少ない?

 

そして、最も大きな欠点は、皮が薄い!

 

皮が薄いから、皮が歯に挟まりにくいから長所じゃん!って思うでしょ?でも、皮が薄いから、乾燥すると水分が蒸発してしまって、しぼんじゃうんですよ。

 

 

最近は猛暑続くことが多いでしょ?そうすると、畑にあるときからしぼんじゃう。そうなると商品化難しくなっちゃいます。

 

あと、欠点は、僕ら世代にとっては、かもだけど、「甘すぎる!」

 

さつまいもの安納芋もそうですが、「甘すぎる!」

 

トウモロコシや、さつまいもは、お菓子である事を期待してるんじゃねえ、「腹を満たす」のも重要な役割なんじゃ!

 

って叫びたいです。

 

って思ってたら、バイカラーでピーターコーンよりも少し甘くしたような、グラビスって品種が出て、これ、僕にはすご〜く美味いんです。

 

あと、ピーターコーンいまだに作っている生産者もいます。8月とかの高原や北海道のピーターコーンは、甘さも強くて、かといってウルトラほど甘ったるくない。

 

そしてこれらはピーターコーンの系統の特徴なのか、モチモチ感もあってホント美味いです!

 

ちなみに地方に行くと、ファーマーズマーケットとかに、時々、昔の品種の「もちトウモロコシ」みたいなの売ってることあります。

 

(これは、黒もちトウモロコシ。ちと気持ち悪い?以前は長野などで作られてました。)

 

全然甘くないんですが、モチモチ感が強くて腹持ちがいいんですね。トウモロコシにはモチモチ遺伝子があるんでしょうね。僕はそれが強めの方が好きですね〜。

 

話変わりますが、最近、こんなのも人気です。

 

ピュアホワイトとか、ホワイトショコラとかの真っ白い品種。

 

これもウルトラ世代で、甘い事は甘い。(と書けばおわかりと思いますが、まあ僕はあまり好きじゃないって感じですね。)

 

それで、この近くに、黄色のトウモロコシの畑があるとしましょう。

 

風で花粉が飛んで受粉しちゃいます。

 

んでもって、せっかく分けたのにバイカラーになっちゃうんですね。3対1。メンデルの法則ってワケですね。たぶん。

 

白トウモロコシは、絶対黄色い品種の花粉が飛んでこない場所に作らなきゃいけないからタイヘンであります。

 

さらにトウモロコシ話題。

ベビーコーンとか、ヤングコーン。よく、缶詰や水煮で売ってて、中華料理とかにはよく使われますね。

 

その生のヤツ。

 

トウモロコシって、株の一本から大体、1本収穫します。(2本採りもありますが。)

 

でも、実自体は2〜3本付くので、一本に集中させるため、小さいうちに間引きします。それがこのベビーコーン。

 

だから、トウモロコシ農家のところに、出荷シーズンの2〜3週間前くらいに行けば、ほぼあります。

 

でも、大して高くも売れないし、調整して出荷する方が大変なので、出荷する生産者は少ないっす!

 

これを皮のまま、焼いて(端っこはアルミホイルとか巻いて。)蒸し焼きにすると、すごくうまいです。

 

そして、ヒゲが実はうまい!!ヒゲといってもメシベなんですけど。

 

みんなやってみてね〜。

 

も一つ、トウモロコシ話題。

 

ポップコーン。

 

その原料となるトウモロコシは、「爆裂種」と言われる、乾燥した実を加熱すると爆裂する品種のトウモロコシ。

 

秋頃まで畑に置いて、乾燥するまで待ちます。

 

滅多に見れない畑の様子を初公開!

 

 

皮剥いたのはワザとですけど!

 

これを試しに、このままレンジでチンしてみた事があります。

 

こうなりました。

 

 

軸付きポップコーンに!

 

でも、僕は裸のままレンチンしたら、レンジから「バンバンバンバン!!」と物凄い音がして、開けるとポップコーンだらけでタイヘンなことになってました・・・。

 

やってみたい方は、袋に入れてやってくださいね!

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM