野菜が無い時はスプラウト!

  • 2018.08.23 Thursday
  • 17:19

JUGEMテーマ:食材

 

酷暑に台風、集中豪雨。もう農家タイヘンです。野菜の値段も高騰。

 

野菜が高いと、もやしやスプラウトとかは価格が安定してるので、メチャ売れます。

 

自然食業界で有名な、もやしメーカー、サラダコスモ社。もやしやスプラウト類を作っております。

中津川に「ちこり村」っていうテーマパーク?みたいな施設もやってて、なかなか楽しいです。農家レストランが美味い!

 

もやしとかスプラウトとかは農産物で生鮮食料品なんですが、工場のような設備の中で作るので農家かメーカーか微妙なのであります。以前、カイワレ大根で食中毒の事件もあったので衛生管理的にもキビシーですしねえ。なので、一応ここではもやしメーカーとしておきます。

 

きのこも工場みたいなところで作ってるんですがこっちは割ときのこ農家、とかきのこ生産者、とか言う場合が多いですねえ。きのこは大体、火を通して食べるので衛生管理的にはスプラウトほどじゃないからでしょうかねえ?個人経営も多いってのもあるかしら?(写真は、なめこファーム飛騨さん。)

さて、カイワレ大根とか、ブロッコリースプラウトとか、水耕なんですが大体のメーカーは、化学肥料入れます。

 

大根やブロッコリーとかの、アブラナ科の作物の種って小っちゃいんです。もともと種の中だけの栄養でそんなに大きくなれません。

だから普通は芽と一緒に根っこ出して、土からチュウチュウと養分吸うようにできてるワケですね。でも水耕は水だけなので、大きくするには化学肥料チョイと足した方がいいワケです。

 

でもサラダコスモ社は、天然塩と温泉水を使うことで、化学肥料使ってないんですねー。でも生長に必要な、チッソ分を入れているわけじゃないので、きっとミネラル分によって、種の力を最大限に生かすってコトなんでしょう。

 

でも、もやしの原料は豆です。豆は、アブラナ科の種なんかより養分含んでいるので、それだけでかなり大きくなれます。

 

そして、これも原料が豆です。豆苗。もう名前が豆の苗ですからね!!

で、もやしは緑豆、大豆もやしは大豆。そして、豆苗の原料はえんどう豆です。

 

サラダコスモの豆苗、うまいっす。切って収穫して、炒める。味付けは、僕は醤油とオイスターソース、ですね。

 

そして!一度収穫して、培地を水に漬けておくと、10日くらいで再び伸びてきて2度目の収穫できます!

うまくやれば3回目の収穫も!

 

 

 

培地の綿花(紙だったかな?)に豆と根っこがからまっております。一度収穫しても、豆にまだ栄養が残っているって事ですね。

 

この時期まで夏休みの宿題やってなかった子供の、自由研究にどうでしょう?

先生も「とうみょうの せいちょうの かんさつ」に対して、「う〜ん・・・まあいいか!」となることでしょう。

 

でも豆苗、食べ過ぎには気を付けましょう。病気になります。豆苗病・・・なんちゃって。あ、オヤジギャグ言いたいだけだったので病気になるのもウソですよ!

 

とここまで書いて気付きましたが、豆苗、2回目の収穫には10日〜2週間かかります。

 

・・・今から始めたら夏休み終わってますね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM