家計調査を見てみよう!!

  • 2018.11.29 Thursday
  • 16:20

JUGEMテーマ:食材

以前いた、某●ぃっしゅぼーやという会社は、主力商品が野菜セットだったんですね。でも、野菜の種類は選べない「セット」だけど、なるべく使いやすい野菜の構成内容になるように計画を立てるワケです。そうしないと、農家が作りやすい野菜ばっかりセットに入るようになっちゃいますもんね。

バランスよいセット内容とはやっぱり、平均的に消費されている野菜のバランスを知ることから始まるワケです。それを知るには、総務庁がやっている、「家計調査」が一番ヨイな、と判断しました。みなさんのおうちも調査依頼来てやった事無いですか?家計調査の中に野菜の消費調査があって、それをまず調べたワケです。

 

野菜の卸売市場のデータも参考になります、でも卸売市場のデータにある野菜は、家庭で消費されるとは限らないですからねえ。レストランや加工品に流れる部分も相当あるので、家でどれだけ使われているかとはちょっと内容が変わってきます。

 

んで毎年、家計調査年報という超分厚くて、けっこう高額な本を毎年買ってきて、その数値を必死でパソコンに打ち込んでたんですよ。

しかしインターネットが発展する段階である段階でデータが無料で公開されました。それからはいや〜、楽になった楽になった。

 

このデータを、どんな風に見ていくか、ちょっと大根を例にとってみましょう。

まず、二人以上の世帯の品目別データをいうのを調べます。●でぃっしゅぼーやの殆どの会員は二人以上の世帯。独身はほとんどいないのでこのデータでいいワケです。

平成28年(今公開されている一番新しいデータが平成28年です。)は、大根の年間消費は、12.386 kg。大根1本1kgとすると、平均月1本くらい食べている感じになります。

しかし、それから23年前の平成6年、大根の消費は、18.839kgです。1本と半分くらい食べてたわけです。3分の2に減っちゃってます。

 

でも単純に減ったということではなく、世帯構成人数も変わっているから、そこも見なきゃ、です。

平成28年の、この調査をした世帯の平均人員は、2.99人。夫婦と、子供が一人分いない、くらいの感じなワケです。それが平成6年は、3.47人。夫婦と、子供が1.5人くらいいたんですね〜。世帯構成人員は、毎年きれいに少しずつ減ってます。

 

構成人員が減れば、基本的には消費も減ります。なので、それぞれの大根の消費を、それぞれの構成人員で割って、一人分として見てみましょう。

そうすると、平成28年は大根一人当たり4.142kg、そして平成6年は、5.429kg。

こうしてみるとやっぱり、大根の消費は、家族の構成人員が減ってもそれ以上に2割以上、消費が減ったことになりますな。

 

平成6年、大根(18.839kg)は野菜の中で最も消費量が多かったです。次がキャベツ。(17.526kg)その次が玉ねぎ。(16.071kg)

このベスト3がどうなったでしょうか。

平成28年は、1位はキャベツ!18.375kg。2位は玉ねぎ!17.234 kg。大根、12.386 kgはかろうじて、3位に食い込んでます。

かろうじて、と言ったのはある野菜の消費と差が詰まってきているからです。

 

その野菜とは、11.866kg、トマトです。家計調査には、月毎の消費データもありますが、大根はさすがに冬場は強いですが、夏場は完全にトマトに負けております。

大根は平成6年から3分の2に減りましたが、他にも大きく減った野菜を見てみると、平成6年と28年で、さつまいも 3.773kg→2.692kg 里芋 3.372kg → 1,766kg ごぼう 2.458kg →1.700kg たけのこ 1.759kg → 0.835kg。

 

逆に増えている野菜は、ブロッコリー、レタス、ピーマン。殆ど変わらないのが、キャベツ、玉ねぎ、トマト。殆ど変わらないって事は、さっき言ったように、世帯の構成人員は減ってるので、実質一人当たり消費は増えている、ってことですね。

 

減っている品目をみると、あ〜、和風の煮物作る人が減ってるんだな〜という姿がありありと目に浮かびますな。

 

そして、平成6年のあたり、玉ねぎ、じゃがいも、人参、の率が、ほぼ、4:3:2だったんです。

市場流通量も、ほぼ、4:3:2.

 

そして、バーモントカレーやジャワカレーなどのカレールウの裏にあるレシピを見ると、ほぼみんな、玉ねぎ400g、じゃがいも300g、人参200gとかの、4:3:2です!

 

つまり、世の玉ねぎ、じゃがいも、人参、の生産も消費も、「カレー」で左右されている!(たぶん)という事を発見したのであります。

 

しかし・・・平成28年、玉ねぎと人参の比率は4:2でほぼ変わらないですが、じゃがいもが、人参とほぼ同じ消費まで落ち込んでます!

これはきっと・・・カレーに入れるじゃがいもの量が減った?!炭水化物ダイエットの影響??でしょうか?

 

あと果物の消費がすごい減ってます。平成6年、生鮮果物全体は、113.945kgだったのに、平成28年は、76.236kg。おいしいデザートとか世の中いっぱいありますからね〜。

でもちょっと安心したのは、野菜は全体では、減ってはいますが世帯構成人員が減った分くらい。一人当たり野菜の消費はあまり変わってないのは良かったです。

 

てな事が、いろいろ見えてきます。家計調査のデータ、けっこう楽しいですよ〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM